LATEST NEWS最新のニュース

ナンパとお見合い(結構真面目なこと書いてます)

2020.01.15

 

 

 

 

 

 

 

 

合コンで、目の前に、超タイプの人がいるとします。

 

「この人と何とかしてお近づきになりたい!!!」

 

そう思っているあなたは、どうやって自分をアピールしますか???

 

 

最初からガンガン自分をアピールしますか?

それとも最初は周りをうかがってニコニコする?

合コンではがっつかずに後からLINEで距離感をつめる?

 

時には周りの人間を蹴散らすワイルドな方もいらっしゃる?かも??

 

 

自分のいいところをアピールしたいけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アピールしすぎてこんな風になってしまうと、ちょっとウザいです。

 

 

「俺、めっちゃええ人やねん!!」

と100回言ったって、相手に伝わるのは

「この人ウザイ」というイメージのみ。

 

つまり、伝えることと伝わることは違うのです。

 

 

 

 

タイプの方を、お客様に置き換えてみてください。

 

「この商品、サービスってめちゃくちゃいいですよ!!」と

100回言ったって、伝わる情報は全くちがうものかもしれません。

 

でも、アプローチの方法ってたくさんあります。

伝わる情報を予想できる方法はただ1つ。

お客様の立場になって考える

 

モテる男女は異性の気持ちが分かってる人が多いですよね、

キュンとするポイントをがっちりつかんでいたり。

 

 

SNSを動かす担当者の人格が、企業や商品の人格そのものになるこの時代。

どうやったらお客様にモテるのか、一度作戦をじっくり練るのもいいかもしれません。

 

 

 

 

タイトルにある、「ナンパとお見合い」

 

広告って、進んで見たいと思いませんよね。

興味ない人になんとか見てもらう、いわば嫌われ者。

嫌われてるのを自覚して、

「見ている人の時間を奪っているかわりにエンターテインメントと提供して許してもらう」

そんな思いで、広告は制作されているそうです。

 

いわば広告はナンパだと。

なんとかして振り返ってほしい!

なんとか存在だけは覚えてほしい!

広告に、こんな切実な思いがこもっているとは思いませんでした。

 

対してお見合いは説明書

それについて知りたい人が自ら進んで見るもの。

だから商品情報は網羅した方がいい。

 

 

これを聞いたときに、「SNS広報って、真ん中だなあ」と私は思いました。

 

ある態度好感を持ってくれていて、知りたいと思っているからフォローしてくれているわけです。

でも会社に興味を持ってくれているのか、商品に興味を持ってくれているのか分かりません。

「なんとなく」でフォローすることもあります。

 

だからそこから与えられる情報は、少し、広告寄り。

 

ただただ、たくさん投稿するだけではなく

1つ1つメッセージを絞り、切実な思いを持つことはとても大切だと思います。

 

 

 

 

 

ここまで考えられる私ってすごない!?と自画自賛しながら

お別れしたいと思います。

お付き合いありがとうございました、以上、萌でした!!!

 

 

 

 

 

 

  • facebook
  • twitter
  • googleplus