LATEST NEWS最新のニュース

社長!社員に気を使いすぎてはいませんか?

2021.03.19

社員に気を使いすぎている社長をみることがあります。

社員に反対されましたので、やめておきます。

研修の参加だったり、ビーラブクラブや同友会の入会だったり。

研修の参加などは、

「社員が手をあげるのを待ってます。」

というお返事をいただいたりします。

 

はっきり申し上げると、自主的に手をあげるような社員はめったにいません。

社長が中身を聞いてきた研修に、社員がよくわからずに参加するというのは、

かなりハードルが高い。

 

それが、業務外の時間だったら、なおさら。

若い社員や、女性社員は特に、ワークライフバランスを優先します。

ビーラブでも業務外の時間の自社研修は、すべて、代休を取っていただいています。

それも、とりやすいように半休づつでもOKにしています。

 

業務内の時間でも、他の社員の視線も気になるだろうし、仕事が忙しければ、その研修に出た分

どこかで穴埋めをしなければいけなかったりもします。

仕事が増えると感じる社員もいるかもしれません。

 

なので、ただ、手を挙げるのを待つのではなく、背中を押すことも必要だと思うのです。

具体的に誰に研修を受けてほしいかイメージして、

なぜアナタに受けてもらいたいのか?

そして、その研修を受けてもらうことにより叶う、会社の課題解決、その方自身の成長、実現されるワクワクを伝えることが大切です。

 

研修なら、まだしも、採用活動をするかしないかも社員の顔色をうかがっている社長もたまにいます。

採用活動は、言わば会社の未来を決める重要事項。戦略です。

どのように採用活動をするのか、選考基準を決めるなどは、社員の自主性にまかせるのは

いいと思います。

それは、戦術だから。

やるか?やらないか?を決める、最終ジャッジは、社長の仕事ではないでしょうか?

 

社員の自主性を育てるというのをはき違えて考えて、会社の未来への投資、(MG研修でいう次くりチップ)に着手していかないのは、危険です。

 

自主的社員の育成とは、社員の「やってみたい!」欲望が出る土壌づくりではないでしょうか?

花を育てるには、土の質、水の量、太陽の光、時には肥料などいろいろな要素が絡みます。

人が育つのも(もちろん自分自身も)この環境を整えることが大事。

 

社員のやってみたい!を

じゃあ、やってみよう!というのは、社長の一声。

社長のやってみよう!を実現するのは、社員一人一人の力ではないでしょうか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「小さな会社でできる。売上・集客を倍増するSNS活用術」4刷目に入りました

★SNS運用・SNS活用・SNSコンサルタントならbe.love.company.へ

お問い合わせはこちらから

西良旺子公式LINEでお友達追加を

【オンラインセミナー直近の予定】

・毎月中小企業のためのSNSセミナーを開催しています。

直近では、 4月8日、13時半~

【オンライン開催】4/8 中小企業でできる売上・集客を倍増するSNS活用術セミナー

SNSを本格的に始めるなら、絶対これ!9月よりリアル講座とオンラインの2本立て~4時間×6日間でSNS・マーケティングを学ぶSNS広報担当養成講座

よおこの部屋アーカイブで見れます。

MG研修、再開しました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・西 良旺子ZOOMコンサル

 お申込みはお問い合わせフォーム、 または、LINE、各SNSから

ビーラブカンパニーの公式LINEはこちら セミナー割引きもあり 

 

 

  • facebook
  • twitter
  • googleplus