LATEST NEWS最新のニュース

#4 SNSフェスを終えて感じたこと

2021.06.29

こんにちは!内定者のあさひです。

先日、SNSフェスに参加しました。

SNSフェスの様子は、良旺子さんがわかりやすく要約してくださっているので

良旺子さんのブログを拝見してください~! →感動感動のSNSフェスティバル~事例チラ見せ

 

(写真を撮られると知り、少し緊張している私↑)

 

SNSフェスを終えて、思ったことは

「試行錯誤と継続が広報を前進させる糧になる」ということです。

発表してくださった5社さんとも共通しているポイントが、「試行錯誤と継続」でした。

私の中で特に印象に残っている言葉があります。

静岡県で家具と雑貨を取り扱っているPionさんの事例発表の際に

コロナ禍でネット販売が盛んになった今、周りと差別化するためにYouTubeを始めたとおっしゃっていました。

周りとの差別化…!そのためのYouTube…! そういう考えもあるのかと納得した瞬間でした。

私にとってYouTubeは、TVやラジオのようなエンタメ要素を含んでいるため、

広報としての使い方のアイディアが浮かびませんでした。

お店で商品を買ってもらうためにはどうすればよいか、どんな動画の再生回数が伸びるのか、

試行錯誤しながら発信することで、会社の色(個性)を作ってファンを獲得し

商品を売るということが、広報の役目なのか!と一人で考えていました。

また、結果がすぐに見えない中、情報を発信していくことは、なかなかに忍耐のいることだと思います。

だって結果出んとおもんないし、つらいし、先見えんし。

けど、失敗や工夫の経験の繰り返しで、知識が蓄積され新しいアイディアも生まれるのではないでしょうか。

ゆるくても継続し、軌道修正しながら毎日積み重ねていくことが、前に進む糧になる!

と気づかされたSNSフェスでした。そして自分にも言い聞かせています… 継続ダイジ継続ダイジ…!

発表してくださった5社さん、それぞれ創意工夫のボリューム満点で、とても勉強になりました。

お疲れ様でした!

 

小話

私が最近よく聞く曲で、「危ない橋こそ渡れ、石橋を砕いたら飛べ」という歌詞があります。

めちゃくちゃお気に入りの言葉で、座右の銘にしようと思っています。

今から勢いつけていくぞ!!!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

 

 

 

  • facebook
  • twitter
  • googleplus