LATEST NEWS最新のニュース

幸せは自分で

2021.10.20

昨日、山口県から帰ってきました。

山口県は徳山と、岩国でセミナー講師をさせていただきました。

同じ山口県でも、全然雰囲気が違うものですね。

岩国は若い方が参加され、これから広報活動に取り組んでいきたいと

前向きにご質問もいただきました。

SNSの必要性は、地域・業種・規模・沿革により異なる。

その時、目の前にいらっしゃる方に寄り添いながら、お話をさせていただこうと改めて思いました。

今週はセミナー講師週なので、本日は静岡に向かいます。

 

今日のテーマはNHKの連続TV小説の”おかえりモネ”より。

主人公 百音の幼馴染の涼が発した言葉

「俺、幸せになってもいいのか?」

胸に響きました。

私自身もつい数年前までは、自分の幸せについて考えたことがなかったからです。

ただ、目の前のことに追われていた。

家族や会社がうまくいくためにということが軸での意思決定で、

自分の幸せは、横に置いていて、考えたこともなかったからです。

先日のレディースMGでも、自分の周りがうまくいくように、

自分の気持ちを押し殺していたり、しんどいのにしんどいと言えなかったり

という参加者もいて、まず、「しんどい」と言えてよかった。

と、感じました。

「しんどい」ということを感じなくなってしまう場合も多いからです。

 

MGの言葉の中に”紙は自分で”という言葉があります。

タヒチMGに行ったときに「あ~。この紙というのは、幸せにも置き換えられる」と気づきました。「幸せは自分で」なのです。

私は若い時に「何かいいことないかな」というのが口癖でした。

幸せ、ラッキーは降ってくるものだと思っていたからです。

そして、自分には、降ってきていない。と思っていました。

違うんですね。自分で幸せを掴みにいかないといけない。

そのためには、自分の幸せがイメージできていないとそのための意思決定ができない。

 

「俺、幸せになってもいいのか?」という言葉に

「勿論だ」という答え

 

その幸せは、掴むというよりも感じること。

というのは、最近の私の持論。

岩国の美しい景観もお仕事をいただかなければ、見ることができなかったのですから。

 

~ビーラブカンパニーは中小企業の「伝える」に携わり続けて15年~ SNSを使った広報・マーケティングを習得できる人気の講座 【オンライン開講】SNS・マーケティングを24時間で習得【SNS広報担当養成講座】2021年10月開講(39期生) 毎月開催している中小企業のためのSNS活用セミナー。次回は11月9日14時~

  • facebook
  • twitter
  • googleplus