LATEST NEWS最新のニュース

「広告かけたらなんとかなる!」は大間違いです!【インスタ広告】

2021.11.02

 

 

 

こんにちは!

ビーラブカンパニー3年目社員のもえです✨✨

 

 

そうです、タイトル通りです!!

インスタ広告の出稿にこの間、初めて挑戦しました!

 

いつも広告を出稿してくださっているのは、やんこさんなのですが

インターンの広告を出したい!と考えていたので、自分たちで出稿することに。

クリエイティブの作成から、どこにどう広告を出すのかまで

後輩の恵奈と一緒に考えました。大変でした!(笑)

 

 

先程もお伝えしましたが、今回はインターンの広告を出したいので

Instagramに集中して出稿しました。

 

リーチとインプレッション数を見ていただいたら分かると思いますが

リールとストーリーズの反応がやっぱり良い!!!

逆に驚いたのは、投稿の反応がほぼ無かったこと。

クリエイティブを変えるか、広告を下げるかを悩みましたが

結局途中で投稿の広告は下げることにしました。

 

 

 

 

 

 

結構クリック率も高かったのではないか、と思っています。

 

 

 

結果はどうだったか、というと

インターンへのお申込み、ありました!!!!

 

『インスタ広告を見ました』

と学生さんに言っていただいたときは本当にうれしかったです!

 

 

で!す!が!

 

実際にインターンに来ていただいたときに、お聞きすると

インスタの広告が決め手になった、という訳ではなさそうでした。

 

 

ある学生さんは

神戸でインターンを探していたそうで

『神戸 インターン』などで検索⇒ビーラブの採用情報にヒット⇒「お、インスタやってるやん」⇒申し込み

という流れだったそう。

 

 

 

 

「広告かけたらなんとかなる」は大間違いということですね。

 

ここでわたし的にポイントだと感じたのは

採用情報にヒット「お、インスタやってるやん」

 

まずはきちんとインターンについて告知をすることは必須ですね。

せっかく興味を持ってもらえたのに、どこにも情報がなかったら学生さんは離れてしまいます。

 

そして、「お、インスタやってるやん」!

これはわたしの推測ですが、

広告で興味を持ってもらった⇒インスタを見て楽しそう・雰囲気がよさそう

というのがお申込みの後押しのひとつになったのではないか?と思っています。

 

学生さんが知りたいことって、会社の雰囲気だったりします。

(現にわたしはそうでした)

それがダイレクトに伝わるのは、人感のある投稿!

 

きっとビーラブの良さがSNSを通して伝わったのではないかと思います。

 

 

 

 

今回わたしが学んだのは

興味を持ってもらうためのフックとして、広告を活用するのは問題ないですが

広告⇒即お申込み には繋がらない。

最後の背中を押すのは、日ごろの発信だということです。

 

 

今後も継続して、どんどん発信していきたいと思います!

 

 

 

 

 

~ビーラブカンパニーは中小企業の「伝える」に携わり続けて15年~

 

  • facebook
  • twitter
  • googleplus