LATEST NEWS最新のニュース

日本語を使って、何かを伝える仕事をしている人は全員コピーライターであるべき

2020.07.29

先日、2年目社員の萌にコピーライティングの講座を社内向けにしてもらった。

彼女のブログが素敵だなあと思い、彼女にはコピーを勉強してもらおうと、昨年の10月からコピーライター養成講座に通ってもらったのです。

全40回のコース。しかも関西では土曜のみ。

プライベートを大切にしたい、今の若い方が多い中、

「良かったら、受けてくれへん?」

という私の申し出を快諾してくれた、萌。

が・・・途中でコロナがあり、中断。

やっと、オンラインで再開。

あと、もう少しで卒業です。

心のままに書くから考えて書くようになった彼女の文章。

そんな彼女が自分から申し出て、何回か、私たちにアウトプットしてくれています。

自分から申し出てくれるのもこれも、非情にありがたい。

先日、皆のために1時間話をしてくれた内容は非常に素晴らしいものでした。

こちらに少しチラ見せしますね。

「日本語を使って、何かを伝える仕事をしている人は全員コピーライターであるべき」

いいですね。

伝えるではなく、「伝わる」ことを考える。

 

コピーライトは相手を思う気持ち。

言いたいことをたくさん並べても単にうざいだけ。

相手の立場にたって、相手主導で言葉を考えることが大事。

例えるなら、京都の人が

「京都に来てください」

これが伝えたいこと。

が、「京都に来てください」「京都に来てください」「京都に来てください」

と、ポスターが駅にたくさん貼られていたらどうだろうか。

単にうざいだけですよね。

これを消費者主導で考えると

「そうだ!京都に行こう」

というコピーになる。

そこには、相手の本音を引きだす。ヒアリング能力・思考が求められる。

そう、会話と同じなのだ。

コピーライトは、言葉を、相手を思う気持ちで、ラッピングするということ。

 

コピーライト力を高めるために必要なこと。

それは、試行錯誤できることらしい。

試行錯誤って何?

トライアンドエラーだ。

考える、書いてみる、違う、うまくいかない、考える、書いてみる、の繰り返し。

そのトライアンドエラーに必要なものが、

考える事と相手を思う気持ち。

それって、MGの「教えない」→自分で考える

「Y理論」→相手の立場にたつ

ということと同じ。

 

私たちのやっていることは全て繋がっている。

そんな風に感じました。

 

萌のコピーライティングの講座は、9月の販促セミナーや、今後のSNS広報担当養成講座にも入ってくる予定です。

ぜひ、楽しみにしてくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「小さな会社でできる。売上・集客を倍増するSNS活用術」3刷目に入りました

★SNS運用・SNS活用・SNSコンサルタントならbe.love.company.へ

お問い合わせはこちらから

【オンラインセミナー直近の予定】

・毎月中小企業のためのSNSセミナーを開催しています。

直近では、8月5日 9月9日 両日とも10時半~12時

SNSを本格的に始めるなら、絶対これ!9月よりリアル講座とオンラインの2本立て~4時間×6日間でSNS・マーケティングを学ぶSNS広報担当養成講座

8月18日14時~「巷のユーチューバー大集合」YouTubeについていろいろ聞いてみた

よおこの部屋アーカイブで見れます。

MG研修、再開しました!直近は8月6-7日、9月10-11日

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・西 良旺子ZOOMコンサル

 1時間30000円→本をご購入の方20000円

 お申込みはお問い合わせフォーム、 または、LINE、各SNSから

公式LINEでお友達追加を

 

  • facebook
  • twitter
  • googleplus