LATEST NEWS最新のニュース

SNS広報担当の適任者は?

2022.02.18

どんな人に自社のSNS広報担当になっていただいたらいいでしょうか?

という質問もよくいただきます。

 

「SNS広報は絶対必要だと思うけど、誰にしてもらおうか?」

「SNSができそうな人が見当たらない」

「そもそも社長である自分はできない。わからない」

このようなお悩みです。

 

弊社では、なるべく、複数で、SNSアカウントを管理するようにおすすめをしています。

”自社の事を伝える”という大切なお仕事をたくさんの方に意識していただきたい。

できれば、チームを作っていただくことがベストです。

1人の方のマンパワーだけで進めていき、その方が何かあった時に、SNS発信がストップしてしまう。

ひどい時は、その方が退職されてしまって、誰もそのSNSのアカウントに入ることができない。

という事例は本当にあります。

社長(リーダー)は必ず、SNSアカウントの管理人になっていただきたいともお伝えしています。

 

では、どんな方がSNS広報担当に適任なのでしょうか?

求人サイトのインディード中にこのような記事を発見しました。

ーーーーーーーーーーー

多くの組織が既存顧客や潜在顧客へのリーチを最大化し、エンゲージメントを向上させるために、専任のSNS運用担当者を採用しています。SNSの専門知識を備え、発想力や分析力に基づいて企業の公式アカウントを管理する運用担当者は、現在非常に高く評価されています。

SNSスキルは、ビジネスを推進するためのマーケティングキャンペーンのアイデアを考案し、実行するのに役立ちます。成果をあげるには、豊かな発想力を備え、どのようなコンテンツが話題になるかを熟知している必要があります。

SNSを担当する従業員としての価値を示すために、履歴書に記載できるスキルは

  • 分析力

  • 効率性

  • トレンドの理解

  • コミュニケーション能力

  • 発想力

  • 時間管理能力

  • プロジェクト管理

  • 柔軟性

ーーーーーーーーーーーーーー

すごいですね。ということは、SNS広報を担当することにより、上記のようなスキルが身につく

ということです。

私は、このような人材をみつけて、SNS広報を担当していただくというよりも、中小企業の場合、広報活動をすることにより、上記のように向上していくことを意識するようにしたほうがよいと思います。

では、私達が思う、SNS広報担当の適任者は

①スマホを最低限触ることができる

②自身が向上したいと思っている

③仕事・会社が好きである

この3点だと思います。

ただ、3番目は、これから好きになりたいでも構いません。

新入社員さんなんかは、そうだと思うのです。

そして、社長がSNS広報担当をお願いする場合は、この仕事は会社の未来を担う大切な仕事であること。そして、その方に期待をしていることを伝えていただきたいのです。

 

~ビーラブカンパニーは中小企業の「伝える」に携わり続けて15年~

■SNSを使った広報・マーケティングを習得できる人気の講座

【オンライン開講】SNS・マーケティングを24時間で習得【SNS広報担当養成講座】2022年4月開講(41期生)

■毎月開催している中小企業のためのSNS活用セミナー。次回は3月9日14時~16

【オンライン開催】3/9 売上・集客を倍増するSNS活用術著者・西良旺子が語る!中小企業のためのSNS活用術セミナー

■メルマガ発信中こちらのURLから、登録を

■毎月24(ニシ)の日にプレゼントが当たる!西良旺子公式LINEでお友達追加を

■よおこの部屋アーカイブで見れます。

■MG研修、2ヶ月に一度開催しています!

★全国の政策金融公庫さんで配布される小冊子を執筆いたしました。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus