LATEST NEWS最新のニュース

LINE公式アカウント使うべき機能「オーディエンス」って何?(2022.02.22機能追加)

2022.02.24

福谷です。

LINE公式アカウントに便利な機能ができました。

LINE公式アカウントの友だち追加経路別オーディエンスの作成ができるようになりました。

便利です。

ところで「オーディエンス」とは何ですの?

番組の視聴者、芝居やコンサートなどの観客を指す場合もあるが、広告で使われる際には広告の受け手、広告の視聴者といった意味である。→広告の受け手
   広告用語辞典より
 

 

わかりやすく言うと、ターゲットに向けてメッセージ配信を送れると言うことです。

例えば、キャンペーンをして、急にお友達が増えた、また、友達追加広告をかけた、新しい人だけにメッセージを送りたい時、

新規の方だけをターゲティングして、メッセージ配信ができるのです。

 

 

LINEクーポンの内容も、既存のお客様と、広告からいらしたお客様とは伝えたい内容が違います。

お客様ごとにメッセージの内容を変えたいですよね。

そんな方はぜひ使うべき!!

そういう弊社も今広告をかけおり、この機能はとてもわかりやすく助かりました。

オーディエンスにもいろいろな種類があります。

 

オーディエンスタイプについて

 

クリックリターゲティング

配信したメッセージに含まれるリンクをクリックしたユーザーを対象にしたオーディエンスです。

インプレッションリターゲティング

配信したメッセージを開封したユーザーを対象にしたオーディエンスです。

チャットタグオーディエンス

タグ付けされたチャットを対象にしたオーディエンスです。配信対象となるのは1対1チャットのみです。

友だち追加経路オーディエンス

特定の経路であなたを友だち追加したユーザーを対象にしたオーディエンスです(経路のデータは[分析]>[友だち]>[追加経路]から確認できます)。

配信に利用するには、オーディエンスのサイズが50以上必要です。

ウェブトラフィックオーディエンス

LINE Tagのトラッキング情報を基にしたオーディエンスが作成できます。配信に利用するには、オーディエンスのサイズが50以上必要です。

ユーザーIDアップロード

ユーザーIDをアップロードして作成するオーディエンスです。ユーザーIDの詳細についてはLINE Developersでご確認ください。

LINE Developers

 

 
設定方法は、簡単です。
管理画面のデータ管理⇒オーディエンスを選択し、すべての作成元から、
公式アカウントを選びます。
 
 
この中から、友達追加経路オーディエンスを選びます。
 
 
この例では、サイズ50以上のものが、友達追加広告でした。これを選択します。
 
 
あとは、メッセージ配信の際に、絞り込み配信にチェックを入れ、オーディエンスごとにメッセージを配信すればok!
オーディエンスの追加と除外をうまく組み合わせて、ターゲットリーチの人数にあうよう、うまく配信することができます。
 
 

 

 
 
動画でもどうぞ!
 

 

 

届けたい情報が届けたい人にきちんと届けたい♪

上手に届けられますように!

LINE公式アカウントの使うべきオーディエンス

「チャットタグ」オーディエンスについてはこちらをご覧下さい↓

 

LINE公式アカウントの使うべき機能「チャットタグ」

 

 

  • facebook
  • twitter
  • googleplus