LATEST NEWS最新のニュース

【Instagram新機能】リールを使ってみた!【まるでTikTok!?】

2020.08.24

こんにちは!

ビーラブ3年目のゆうきゃんこと木村です✨

 

Instagramに最近できた新機能

リール」ご存じですか?

 

今となってはかなり普及したストーリーズ。

 

ストーリーズを投稿しようと

ある日Instagramを開いたら

追加されていたのがこのリール機能!

 

リール機能は一言でいうと、

TikTokのInstagramバージョンのようなもの!

最近ではTikTokが安全性の問題などから、

見ることができなくなっている地域もあります。

(神戸も8月上旬に制限の対象になりましたよね…!)

 

そんなTikTokの代わり!?

のような存在として出てきたのが

Instagramのリール機能。

 

日本でも多くのユーザーが使っているうえに、

Facebookが買収しているInstagramなだけあって、

安心して出来るTikTok的なイメージを

持つ方も多いのではないかと思います!

 

では実際にリール機能の使い方を見ていきましょう!

 

ストーリーズの投稿画面から

下部のメニューを動かすと

「リール」が出てきます。

 

・ミュージック

 

リールの動画の中にBGMを入れられます。

TikTokもBGMに合わせて踊ったり、

そこからヒット曲が誕生したり、

BGMはなくてはならない存在ですね!

 

・倍速設定

「.3x」「.5x」のように

左にいけばいくほど

リール動画が完成した時に

スローモーションの動画になります。

 

反対に「2x」「3x」のように

右側を選ぶと

早送りの動画が完成します。

 

・エフェクト

ストーリーズと同様のエフェクトをかけることができます。

エフェクトのかけ方については

以前ブログでご紹介しています♪

《ブログはコチラ》

 

・タイマー

動画を撮り始める前の

セルフタイマー機能です。

通常リール機能はストーリーズ同様、

撮影ボタンを押している間だけ

動画撮影ができるようになっています。

 

どこかにスマホを置いて

決められた長さだけ、自動的に撮影したい!

というときはこのタイマー機能を使いましょう!

 

 

「クリップの長さ」というのは

TikTokをやっていらっしゃる方は想像がつくかな?と思うのですが、

リールもTikTok同様、

何コマかに分けて動画を撮って

最終的にくっつける

という機能があります。

↑この動画のような感じです!

 

何コマか撮影することで

よりリールっぽさが出るかと思います!

 

・位置合わせ

何コマか撮影したものをくっつけたいときに

自然にくっつけられるように

位置を合わせられる機能です。

 

子供のころしませんでしたか!?

写し絵!!!

 

そんな感じです!!(笑)

私はハム太郎の写し絵をよくやっていました…(遠い目)

 

動画を撮った後は

加工方法はストーリーズとほぼ同じ!

 

 

このリール機能で作成した動画は

 

・保存だけする

・ストーリーズに投稿する

・リールとして投稿する(ついでにフィード投稿も可能)

 

のいずれかを選びます!

 

リールとして投稿をすると、

ホーム画面に

リールメニューが追加されます!

 

特に若い方に人気が出てくる予感!?な新機能なので、

ターゲットが若い方の企業さんや

新卒採用などで若い方に見てもらいたい!という企業さんは

挑戦してみてくださいね✨

 

 

~ビーラブカンパニーは中小企業の「伝える」に携わり続けて15年~

SNS広報のスキル・マインドを習得できる!

SNS広報担当養成講座詳細ページはこちら》

  • facebook
  • twitter
  • googleplus