LATEST NEWS最新のニュース

フィードバックで大切なこととは

2021.08.11

フィードバックという言葉がある。

ネットで調べると、相手の行動に対して改善点や評価を伝え、軌道修正を促すこととなっています。

先日、兵庫同友会女性部で、「小さなお世話de大ヒット」というイベントがありました。

こちら、自社商品・サービスのプレゼンをして、女性部内で意見交換会を行うというもの。

5分のプレゼンを8人が行い、そこに対してのフィードバックを付箋で書いてお渡しします。

もっとこうすれば、ニーズが高まるのでは?

などと、忌たんの無い意見をつたえていきます。

こちらは、中村屋の中村さん。

お風呂で使うボディタオルの製造卸をされています。

みなさんは、体を洗うのは、石鹸派ですか?ボディシャンプー派ですか?

タオルを使用しますか?手で洗いますか?この質問にも答えてください。

と、マーケティングリサーチのようなこともやられていました。

後日中村さんとお話をしたのですが、参加者の付箋を貼ったノートには、

たくさんの商品開発につながるアイディアがあったそうです。

「宝物ができました」と嬉しそうに話されていました。

 

フィードバックで大切なのは、

「そこに愛があるんか~」ということだと思うのです。

ともすれば、ダメ出しだけで終わることもある。

目的は、相手がよりよくなるということが目的なので、

悪いところを見つけて、冷たい言葉で伝えるだけでは、モチベーションがそぐわれてしまう。

 

が、本質をついていないと、これまた、意味がない。

より良いフィードバックとは

①具体的に

「これ、全然あかんやん。直して~」だけでは、それこそ、あかん。

どこをどんな風に修正すれば、より良くなるのか?を伝えること

②目標に関係のあることを

あくまでも行っていることに対してのフィードバックなので、

人格を否定することではない。感情的になるのはもってのほか

③適切な言葉を使う

「…だったらどうかな」「どう思う?」などというように、相手を否定するだけではなく、

相手が考える余地もあり、動きたくなる言葉を使用すること

そして、あくまでも自分の観点で。と伝えること。

I message であり、You message ではない。

 

社内であろうが、社外であろうが、家族であろうが、

相手に何かを伝える時は、相手を尊重する気持ちが大事。

人に上も下も無い。役割が違うだけなのですから。

 

——————————————————————————————–

9月1日10時~12時 オンライン★売上・集客を倍増する中小企業のためのSNS活用術セミナー

SNSを本格的に始めるなら4時間×6回でSNS・マーケティングを学ぶSNS広報担当養成講座

・毎月24(ニシ)の日にプレゼントが当たる!西良旺子公式LINEでお友達追加を

よおこの部屋アーカイブで見れます。

MG研修、2ヶ月に一度開催しています!

★全国の政策金融公庫さんで配布される小冊子を執筆いたしました。

おかげ様で好評で支店さんから、追加発注が相次いでいるそうです。(嬉しい!)

「小さな会社でできる。売上・集客を倍増するSNS活用術」大好評です

★SNS運用・SNS活用・SNSコンサルタントならbe.love.company.へ

お問い合わせはこちらから

 

 

  • facebook
  • twitter
  • googleplus