LATEST NEWS最新のニュース

上位資質が過剰反応!?活発性の場合

2021.09.29

昨日は、カンデジメンバーに多くあったストレングス・ファインダー”着想”の資質の事を書きました。

今日は、私の上位資質1位の”活発性”について書きます。

上位資質は意識をして、活用していくことが大事。

 

ただ、悲しいことに、自分がストレスに感じていることも、ほとんどは、下位資質が作動しているわけではなく、上位資質が過剰に反応している場合が多い。

 

私の場合は、活発性という資質が時に過剰反応する。

活発性は、始める才能。

とにかく行動を起こしたいと思う。

何も行動を起こさないことは最悪だと思っている。

 

口癖は「で、いつからやる?」

そこから、情報収集、確認などを人に求める必要がある場合は、即回答が欲しい。

なので、人の背中まで押して急き立てる感じ。

 

「活発性」は、影響力の資質です。

人を巻き込まずに1人でガンガン行動していくのは、達成欲なのですが、

私の場合は、実行力資質が10位以内に「アレンジ」の資質しかなく、やりたいことができた場合は、

「戦略性」の資質を稼働させて、最速でいけるうまくいく方法を何パターンか考え、

誰に何を、リソースは何を使い、などと考えていく。つまり人に動いていただくことを常に考える。

 

なので、「時間下さい」とか「随時対応します」と、なった時のストレスがかかる。

随時っていつのことなん?などと考えてしまう。

某会で、提案が”差し戻し”などとなると、悶々としてしまう。

影響力の資質なので、自分が誰かに影響を与えた結果としてその反応が返ってくることを無意識に求めてしまうんですよね。

 

活発性のデメリットを書いてしまいましたが、「活発性」の良さは、やはり組織の“活性化”にあるのだろうと思っています。

”できることをやってみよう。ひとまず動いてみよう”という感覚。動いてみることで必然として何かが起こる。

そこから、何か気づくと私は思うのです。

また、「活発性」の方は、率直な物言いをする方が多いとも。

「活発性」の人の率直な発言は、基本的に思ったことをそのまま口にするだけなので裏表がないとも言われます。

なので、共感性・調和性をもっている方が、「あれ、どうなってる?」と、活発性を持っている方に尋ねられたとき「あ、早くやらなきゃいけないんだ…」と、無意識に煽られている感じがするかもしれませんが、

「活発性」の人にとっては“状況を知りたい”以外の他意は無いのです。

※ビーラブカンパニーは共感性を10位以内に持つ方が7人中5人。ちなみに私は共感性26位。(笑)

 

ストレングスコーチング、9月30日まで特別価格で受けれます。

実行は10月1日以降でOKです。

この機会に自分の34資質を診断してみませんか?

ストレングス・コーチングお申込みはこちら

 

~~~ビーラブカンパニーは中小企業の「伝える」に携わり続けて15年~~~

・毎月24(ニシ)の日にプレゼントが当たる!西良旺子公式LINEでお友達追加を

よおこの部屋アーカイブで見れます。

MG研修、2ヶ月に一度開催しています!

★全国の政策金融公庫さんで配布される小冊子を執筆いたしました。

おかげ様で好評で支店さんから、追加発注が相次いでいるそうです。(嬉しい!)

「小さな会社でできる。売上・集客を倍増するSNS活用術」大好評です

★SNS運用・SNS活用・SNSコンサルタントならbe.love.company.へ

お問い合わせはこちらから

 

 

  • facebook
  • twitter
  • googleplus