LATEST NEWS最新のニュース

12月木鶏会「死中活あり」

2021.12.21

毎月第3月曜に行う、木鶏会。

今回は全員リアルでの参加でした。

今回のテーマは「死中活あり」です。

ほとんど助からないような状態のなかで、なおも生きのびる道を探し求める。

という意味です。

普段、まず使わない言葉ですよね。

表紙はサイゼリアの創業者で現会長の正垣さん。

私は、この正垣さんの記事の感想文を書きました。

記事のタイトルは

「最悪の時こそ最高である」

このタイトルも素敵。

正垣さんがモットーにされていることは、困難や辛苦は自分を変えるチャンスであるということ。

自分が今おかれている環境は、エネルギーの仕業だという正垣さん。好きとか嫌いではなく天のお手配という意味なのか?

その考え方はおかあさんからの影響。

お店をオープンして、ほどなく、お客様同士の喧嘩がきっかけで、火事にあい、店が燃えてしまう。

それまで、お店がうまくいっていないのは、立地のせいだと思っていた正垣さんに、

「あの場所はおまえにとって最高の場所。逃げちゃダメ。お客様が来ないことを立地のせいにするな」

と言われたことをきっかけに、今の環境で何ができるか?

ということを考え、美味しいものを安い値段で。を徹底してやり抜いたという。

 

エネルギーの仕業で、考えるきっかけをつかみ、行動を変えることになる。

そして、今の、サイゼリア。

自分に置かれている環境は、乗り越えられるでしょ。という天の手配。

そう、チャンスであるということ。

 

木鶏会で、私を含めて4人が、この正垣さんの記事を読んでいました。

不思議なことに、4人とも、感動した箇所が全く違う。

人の見る視点は、全然違う。

それぞれが響いたところと、気づいたことをシェアする会。

”致知”という雑誌を20年買って、会社においていたけど、誰も読まないからやめてん。

そんな話を先日聞いた。

このシェアの機会である、木鶏会をすることで、この本の価値は上がる。

私達にとって、心洗われる、心のことを考える、みんなの視点に共感するいい時間なのです。

 

 

~ビーラブカンパニーは中小企業の「伝える」に携わり続けて15年~

■SNSを使った広報・マーケティングを習得できる人気の講座

【オンライン開講】SNS・マーケティングを24時間で習得【SNS広報担当養成講座】2022年1月開講(40期生)

■毎月開催している中小企業のためのSNS活用セミナー。次回は1月12日14時~

【オンライン開催】1/12 売上・集客を倍増するSNS活用術著者・西良旺子が語る!中小企業のためのSNS活用術セミナー

 

■メルマガ発信中こちらのURLから、登録を

■毎月24(ニシ)の日にプレゼントが当たる!西良旺子公式LINEでお友達追加を

■よおこの部屋アーカイブで見れます。

■MG研修、2ヶ月に一度開催しています!

★全国の政策金融公庫さんで配布される小冊子を執筆いたしました。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus