LATEST NEWS最新のニュース

常識は主観にすぎないから・・・

2022.04.11

 

常識がないという言葉を耳にしますが、常識ほど、人により異なることってないと思う。

客観的に見て当たり前と思われる行為、その他物事のこと。社会通念ともいうとウィキペディアには書いてありますが、社会によって常識は異なるため、ある社会の常識が他の社会の非常識となることも珍しくないですよね。

なので、国が違えば常識が違っていたり、年代が違っていたら、常識も違う。

 

挨拶もそう。

私は、顔見知りであれば、挨拶するのが常識と考えています。

なので、遠くはなれていても声をかけて挨拶をする。

特に朝の挨拶は、大切に思う。

エレベーターで、ご近所さんと遭遇したら、もちろん、「おはようございます」と言う。

が、挨拶が返ってこない場合もある。

しかも、同じ人が連続で返ってこない。

頭を下げて、「おはようございます」というのに、無視。

最初は、腹が立ったが、もしかして、この方、挨拶ができない理由があるのでは?

と思うようになりました。

 

例えば、国によっては、挨拶を不必要にしない、国民性として、好きでない国もあります。

調べて見ると、同じアメリカでも挨拶をフレンドリーにする地域と目も合わせない地域があるとも聞きます。

 

また、もしかして、身体的な障がいなどが原因で、私の声が聞こえなかったり、挨拶をできない状況なのかもしれません。

 

と、思うと、エレベーターで、挨拶が返ってこなかっても、それは、私の常識と相手の常識が違うだけと考えるといいと思うのです。

 

が、これが、社内となれば、話は別。

社内で、こちらが挨拶をしても、返ってこない。

お客様が来たのに、挨拶もできない。

それは、ビーラブカンパニーとしては違うでしょ。

ということになる。

社内の常識を決めていき、まとめたものが、経営指針。

他はしらんけど、うちはこれで行くよ。というもの。

それは、理念に沿って、形成されていくもの。

 

新入社員が入って、理念と指針を伝えていくことにより、

あ~。。そうだったな。ときづかされることがあります。

 

 

~ビーラブカンパニーは中小企業の「伝える」に携わり続けて15年~

■SNSを使った広報・マーケティングを習得できる人気の講座

【オンライン開講】SNS・マーケティングを24時間で習得【SNS広報担当養成講座】2022年4月開講(41期生)

■毎月開催している中小企業のためのSNS活用セミナー。次回は5月18日14時~16時

【オンライン開催】5/18 売上・集客を倍増するSNS活用術著者・西良旺子が語る!中小企業のためのSNS活用術セミナー

■メルマガ発信中こちらのURLから、登録を

■毎月24(ニシ)の日にプレゼントが当たる!西良旺子公式LINEでお友達追加を

■よおこの部屋アーカイブで見れます。

■MG研修、2ヶ月に一度開催しています!

★全国の政策金融公庫さんで配布される小冊子を執筆いたしました。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus