LATEST NEWS最新のニュース

Rebuild!”(リビルド!)~再構築に必要なものとは

2022.04.19

昨日は兵庫同友会の定時総会でした。

2022度の始まり、兵庫同友会の経営指針発表会のようなものです。

前期の振り返りと今期は、このような方針で行くよ。

ホテルオークラで久しぶりのリアル開催です。

今回の活動方針案は、

「VISION2025の実現とステージアップを目指して、

企業づくり・学びの場・同友会の組織を再構築 ”Rebuild!”(リビルド!)”」

コロナ禍・戦争で社会や経済のしくみが急激に変化し、この変化に対応できる強い企業づくり。

ビジネスモデルの再検討・代替手段確保・価格見直しなどの対策

そのために、各社のビジョン実現の課題や方針や計画で位置づけられているかの確認をしていくことが大切。

印象的だったのは、12月に実施された、資金繰りの兵庫同友会の景況調査の結果。

資金繰りの指数について、

経営指針がある企業は+9.6に対して、無い企業は▲3.0

社員数5名以下の会社は、経営指針がある企業▲9.7、無い企業▲18.5

やはり、経営指針の作成が、小さな会社ほど必要ということです。

 

定時総会後は、記念講演。

中同協会長の㈱ヒロハマ 広浜さんのお話です。

今期の方針案を受けての再構築についてのお話でした。

㈱ヒロハマさんが、コロナ禍どのような企業努力をされたのか?

コロナ禍でシュミレーションしたところ、売上は20%減になる。

すると利益はどうなるか?シュミレーションなら大赤字になるが・・・

そこで、慌てることなく、細かく数値計画。

数字を開示して、社員に安心感をもたらす。

取り組んだこととして、残業しない体制・多能工化。

その人しかできない仕事はつくらない。

刺さりました。

 

また、経営指針はお1人で会社をやられている方にも必要とも言われていました。

どんな企業も

1.課題を抽出→戦略

2.その課題に対しての行動計画。誰が何をいつまでにやるか

3. できているかどうかの確認。

1~3を回していくことにより、企業は進化していく。

 

この1~3を回していくことにより、どのような外部環境が訪れても、心のブレを最小限にとどめておくことができる。経営者の心のブレが、会社のブレにつながる。

やり続けていくことのモチベーションを保つのに、大きいのは仲間の存在。

つながっていくことって大切ですよね。

 

~ビーラブカンパニーは中小企業の「伝える」に携わり続けて15年~

■SNSを使った広報・マーケティングを習得できる人気の講座

【オンライン開講】SNS・マーケティングを24時間で習得【SNS広報担当養成講座】2022年7月開講(42期生)

■毎月開催している中小企業のためのSNS活用セミナー。次回は5月18日14時~16時

【オンライン開催】5/18 売上・集客を倍増するSNS活用術著者・西良旺子が語る!中小企業のためのSNS活用術セミナー

■メルマガ発信中こちらのURLから、登録を

■毎月24(ニシ)の日にプレゼントが当たる!西良旺子公式LINEでお友達追加を

■よおこの部屋アーカイブで見れます。

■MG研修、2ヶ月に一度開催しています!

★全国の政策金融公庫さんで配布される小冊子を執筆いたしました。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus