LATEST NEWS最新のニュース

小さな会社が仮想空間で物が売れるのか?

2022.07.26

先日、起業準備をされている方とお話する機会がありました。

SNSセミナーの依頼を受け、そこに受講されていた方です。

SNSはほぼ、やっていないという状況。

年齢も私よりも上だと思います。

セミナー終了後にその方からの質問。

「仮想空間で商品を売りたいのですが、そのお手伝いなどをしていただくことができますか?」

びっくりした。

何でも、知人に仮想空間で売ることをすすめられたそうです。

「うちでは、そのようなお手伝いはしていないんです」

と答えました。

Facebookが社名を「Meta」に変更したこともあって、「メタバース」という言葉に一層の注目が集まるようになってきました。メタバースとは、「meta」(超越、高次の)と「universe」(宇宙)を組み合わせた造語で、オンライン上に構築された、人が活動できる仮想空間のこと。

現在仮想空間では、「バーチャル会議」や「ワークスペース」などが、注目されています。

ユーチューブで、バーチャル会議の様子が紹介されていました。

現在、仮想空間でのショッピングモールとして、アプリはメタパというものがあります。

実際にアプリをダウンロードしてみました。

こちら、桃太郎ジーンズのショップ前です。

現状でいうと、「メタパ」の出展利用価格は1店舗300万円から。バーチャル店舗や商品の3DCG企画・制作などを含み、出店内容などによって価格は変動するそうです。

先日お問合せのあったかた、起業で仮想空間で販売を開始するのは、少々ハードルが高いかも?

と感じました。ターゲットがアラフォー、アラフィフの女性ということでしたので、その方々が、どこまで仮想空間でショッピングをするのだろうか?

ちなみに、私はまだ、したことがない。

などといろいろ考えました。

が・・・もしかして、1996年ごろに、ネットで商品を売りたい!という方がいらっしゃったら、

ほとんどのコンサルの方が、いやいや、そんなん売れへんでとアドバイスをしたんだろうな。。

今の300万か、未来の300万か(未来はもっと安くなるかもしれませんが)変化する世の中にどう対応するか?いろいろと考えるきっかけをいただきました。

 

 

■SNSを使った広報・マーケティングを習得できる人気の講座

10月開講43期の詳細・お申し込みはこちら

【オンライン開講】SNS・マーケティングを24時間で習得【SNS広報担当養成講座】2022年10月開講(43期生)

■毎月開催している中小企業のためのSNS活用セミナー。次回は8月3日10時~12時

【オンライン開催】8/3 売上・集客を倍増するSNS活用術著者・西良旺子が語る!中小企業のためのSNS活用術セミナー

■メルマガ発信中こちらのURLから、登録を

■毎月24(ニシ)の日にプレゼントが当たる!西良旺子公式LINEでお友達追加を

■よおこの部屋アーカイブで見れます。

■MG研修、2ヶ月に一度開催しています!

★全国の政策金融公庫さんで配布される小冊子を執筆いたしました。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus