社長と経営者の違いとは。経営指針書と経営計画書の違いとは | be love company | SNS活用・SNS運用コンサルティング・中小企業のPR広報に携わり15年2000社の実績・MG研修

LATEST NEWS最新のニュース

社長と経営者の違いとは。経営指針書と経営計画書の違いとは

2022.08.25

昨日は、兵庫県中小企業家同友会の県主催の「ウェルカム同友会」に参加してきました。

場所は、三宮のグリーンハウスヴァルト。

お話いただいたのは、イーエスプランニングの藤岡さん。

兵庫同友会の代表理事をされています。

一番えらいさんです。

藤岡さんのお話が素晴らしすぎました。

自転車は免許はいらない→ひっくり返って、ケガをするのは自分1人だから

自動車は免許がいる→自分以外の方も乗せたりするから。

乗せる人数が多ければ多いほど免許は難しくなる。

 

経営者はどうだろう?

経営者は社員の人生を預かっている。

が、経営の免許というものは実在しない。

社長は会社内での役職の呼称、社員がいなくても社長といえば社長になれる。 

経営者は会社の経営にあたっている人、社員や顧客や社会などに広く影響を与える人のこと。

経営の免許と呼ばれるものが、経営計画書、同友会で言えば経営指針。

が、経営指針があるだけなら、ただのペーパードライバー。

この経営指針を磨かないといけないというお話でした。

 

では、経営指針の磨き方とは?

どんな環境になろうとも経営者は会社を維持し発展し続けること。これが経営者の責任。

いい会社にしようと一生懸命努力をすること。

学ぶこと。実践すること。

どこから学ぶのか?

経営者が学ぶのは、同じ経営をしている仲間から。

 

いいお話で、痺れますよね。

その後のバズセッション(グループディスカッション)では、

経営計画書と経営指針の違いの話が出た。

経営計画書の真ん中にあるのは、数値。

経営指針の真ん中にあるのは理念。

これも素敵な言葉。

理念が真ん中だから、皆の幸せがあり、未来がある。

 

久しぶりのリアルな行事が一昨日、昨日と続き、本当に気持ちよく学べる時間を体感。

そう。社員のそして、自分の幸せの実現のために、学びながら実践していくのです。

兵庫同友会の情報はこちら

 

 

【ビーラブカンパニーは伝えることの大切さを伝えます】

SNS広報・マーケティングを習得できる人気の講座

10月開講43期の詳細・お申し込みはこちら

【オンライン開講】SNS・マーケティングを24時間で習得【SNS広報担当養成講座】2022年10月開講(43期生)

■毎月開催している中小企業のためのSNS活用セミナー。次回は9月14日14時~16時

【オンライン開催】9/14 売上・集客を倍増するSNS活用術著者・西良旺子が語る!中小企業のためのSNS活用術セミナー

■メルマガ発信中こちらのURLから、登録を

■毎月24(ニシ)の日にプレゼントが当たる!西良旺子公式LINEでお友達追加を

■よおこの部屋アーカイブで見れます。

■MG研修、だいたい毎月一度開催しています!

★全国の政策金融公庫さんで配布される小冊子を執筆いたしました。

  • facebook
  • twitter
  • googleplus